BataGacha! | バタガチャ!



ストーリー

 昔、昔あるところにおじいさんとおばあさんが暮らしていました。二人はとても用心深くその当時では珍しい"叩いても壊れぬ頑丈な鍵付きの扉"を家に備え付けていました。しかし、ある日二人はうっかり鍵を閉め忘れてしまいその隙間から"おばけ"が入り込んでしまいました。二人は入ってきたおばけ達に驚かされぎっくり腰になってしまいました。おばけ達は「どんなに丈夫な扉を備えていようと鍵を閉め忘れては元も子もないのだ。」と言い残して消え去ったそうな_


ダウンロード

Get it on Google Play



概要

「バタガチャ!(BataGacha!)」は、扉の閉め忘れ防止啓蒙ゲーム(カジュアル戸締まりアクションゲーム)です。
ルールは簡単、無限に流れてくる”ドア”をただひたすら状態に応じて閉め続けるだけです。
シンプルな操作性は、ついつい閉めたくなってしまうほどの中毒性があるかもしれません。

ルール・操作

ドアが開いていれば「バタ!」ボタンを押してドアを閉める。
ドアが閉まっていたら「ガチャ!」ボタンを押して鍵を閉める。
鍵が閉まっていたら「オッケー!」ボタンを押して次のドアへ。
ドアが開いている時に”おばけ”が出現したら2度「バタ!」ボタンを押さなければドアは閉まりません。

  • カジュアル戸締まりアクションゲーム
  • 価格:基本無料(ゲーム内課金有り)
  • 発売日:2018/3/29
  • 対応機種:iOS/Android
  • 対応言語:日本語

v1.0.2 [ 最新版 ]

※2018/4/10 9:26現在:一部機種においてシェアボタンを押すとフリーズするバグが発生しています。通常ゲームプレイには問題ありませんが、近日中に修正版1.0.3をリリース予定です。ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

  • 5回に1度のゲームプレイで全面広告が表示されるように仕様変更しました。
  • ゲームプレイ結果の表示画面とランキング画面にシェアボタンを追加しました。(端末に画像を保存する際に端末アクセス許可をいただく場合がございます。)
  • ランキングで上位300位まで取得する仕様に変更しました。
  • 名前に使える「使用禁止文字」を修正しました。
  • レイアウト、リバースの設定を保存できるようにしました。
  • StrangeTelephoneEditionで出現するキャラクターをドアの向こう側に表示させるかどうかを設定できるようにしました。
  • タッチ時に表示される波紋の仕様を変更しました。

v1.0.1

  • プレイ画面から「ヨーイ」の段階でも”モドル”ボタンでモードセレクトに戻れるようにしました。
  • 操作ボタンをゲーム開始前に点滅で示すようにしました。
  • 画面フォーカスが外れてアプリ内に戻った時、環境によってBGMが途切れるバグを修正しました。
  • インフォメーションの下部にメインで使用しているフリーフォント名を掲載させていただきました。(製作者様への敬意)
  • インフォメーションの開発者からの「メッセージ」が長く見辛いので、読む・隠すボタンを追加しました。
  • ランキングで上位200位まで取得する仕様に変更しました。
  • ランクインで表示される文言を追加・修正しました。
  • バージョンの文字色が変わりました。(その時の開発者の気分が影響します。)
  • 表示が一部黒塗りで消えるバグを修正しました。

ダウンロード

Get it on Google Play


開発者より ※既に知ってくれているプレーヤーさんへ

どうも、開発者のyutaです。
この度は「バタガチャ!」に興味をもっていただき(もしくはダウンロードしていただき)誠にありがとうございます。
詳しくはゲーム内でもお話させてもらっていますのでそれとは別の裏話をします。
実はこのゲームは2018年3月現在、バージョン2.0大型アップデートを開発中の「StrangeTelephone(ストレンジテレフォン)」の開発環境と全く同じ物で作られています。(ストレンジテレフォンの現バージョンはLÖVE2Dで、アップデート版はUnityに移植中)
このゲームを無料にした理由はもちろんカジュアルアクションゲームというジャンルだからという理由もありますが、より多くの人にプレイしていただき「StrangeTelephone」をさらに多くの人に知ってもらったり、有料ゲームを買う前の動作確認としても使っていただきたいと考えているからです。
さらにStrangeTelephoneや、現在開発を開始した「ParasiteSeed(パラサイトシード)」をメインストリームとして、バタガチャ!のような短期間で開発できるカジュアルゲームも収入源としていきたいと思っています。
ただ、僕自身もテキトーなクオリティ(自分自身が納得できない物)では無く、メインストリームのような世界観、キャラクターはサブでもしっかり生み出しつつ、それよりは軽量で(通勤・通学電車内や手が空いた時に少しプレイできるようなもの)、実験的なもの(メインストリームで活用できる物)としてメインストリームに影響が出ない程度の開発期間(短期間)で開発していきます!
いつも声を掛けてくれたりする皆さんの応援、声援に応えられるようなゲーム、作品を作っていきますので何卒よろしくお願いします。(長文・乱文で失礼しました…